坐骨神経痛の治療ならコレ!

坐骨神経痛の原因は何だろう?

腰部から足の先に走っている体の中で最も長く太い坐骨神経。

 

この神経が圧迫されたり、ひっぱられると坐骨神経痛が起ってきます。

症状が出れば腰や足に激しい痛みが出る坐骨神経痛、一体この症状の原因は何なのでしょう?

 

坐骨神経痛を起こす原因は人それぞれです。


患者さんの年齢によっても原因に違いがみられます。

 

若い方が、坐骨神経痛を訴える場合、よくみられる原因は腰椎間板(ようついかんばん)ヘルニア梨状筋症候群(なしじょうきんしょうこうぐん)などです。

 

腰椎間板ヘルニアとは、わかりやすく言えば、神経を守っている背骨の中から中身が外に飛び出している状態を想像するといいかもしれません。

 

その飛び出てしまったヘルニアに神経根や周囲の組織が圧迫される事によって、痛みが出てくるわけです。

 

腰や足に坐骨神経痛の症状が出ることも多く、急に発症することが多いのも特徴です。

 

次に梨状筋症候群ですが、梨状筋とはお尻の真ん中の骨・仙骨から始まり脚の付け根までついている筋の事を指します。

 

この筋が炎症を起こす、または緊張状態が続く等が原因で坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛が起こります。

 

この場合はスポーツや日常生活によることが多く、腰椎間板ヘルニアの様に急に発症する事はまずないでしょう。

 

高齢者も坐骨神経痛に悩む方は多いものです。

 

中でも坐骨神経痛の原因として多くみられるのが、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)です。

 

この疾患は、体の老化によって起こってくるといわれる変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)や変性すべり症が原因で起こることが多いようです。

 

脊髄の中に神経が通っている脊柱管があります。

この脊柱管が狭くなり坐骨神経を圧迫、痛みとしてでてきます。

 

上記以外にも坐骨神経痛を起こす原因は、骨盤のゆがみや腫瘍・帯状疱疹等の場合もありますので、必ず診断を受けましょう。