坐骨神経痛の治療ならコレ!

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の違い

腰痛や足の痛みなどを訴える病気という点で症状が共通する椎間板ヘルニア坐骨神経痛

 

症状が似ているこの二つの病気は違うものなのでしょうか?

 

実は坐骨神経痛というのは病名ではなく、腰からおしり足先にかけて走る坐骨神経を圧迫する事で現れる症状全般を指します。

 

ですので、同じ症状でも人により坐骨神経痛の原因は当然それぞれ違っています。

 

頭が痛い時の原因が、人それぞれ違っている、熱や風邪によるものだったりストレスが原因だったりするのと同じようなものだと考えてください。

 

坐骨神経痛をうったえる人の中に比較的多くみられる原因が椎間板ヘルニアです。

 

坐骨神経痛を起こす原因はもちろん椎間板ヘルニアだけではありません。

そして、椎間板ヘルニアだから必ず坐骨神経痛になるといったものではありませんが、特に若い人が腰痛などの坐骨神経痛の症状を訴える場合、椎間板ヘルニアの可能性が高いかもしれません。

 

坐骨神経痛を治す目的で病院を訪れ、椎間板ヘルニアと診断されれば、病気に沿った治療(時には外科手術も)をすることになります。

 

坐骨神経痛は症状の名前ですから、痛みを改善しようとすると、やはり痛みを起こす原因が何であるかを見つけなければなりませんよね。

 

椎間板ヘルニアだけに限らず、坐骨神経痛を直すためには、まず病院で原因を探す事が大切だといえるのではないでしょうか?