坐骨神経痛の治療ならコレ!

家庭でできる坐骨神経痛の予防法

腰や足の痛み坐骨神経痛に悩む人も多いのではないのでしょうか?

 

坐骨神経痛になったとしたら治療するしかないのですが、できれば未然に防ぎたいですよね。

そこで坐骨神経痛にならないための家庭でできる予防方法はないものか調べてみました。

 

坐骨神経痛の原因が姿勢の癖にあることも少なくないのです。

自分で意識はしていなくても、人は大抵左右どちらか決まったほうに体重をかけているはずです。

それが立っている時、座っている時など日常の姿勢においても続く事で坐骨神経痛を起こしてしまいます。

 

日常生活において、姿勢を意識するという気持ちを持つだけでも、随分変わってくるのではないでしょうか。

 

体重をかけるのを交互にしたり、かばんを左右均等に入れ替えて持つなど、簡単にできることばかりですよね。

 

そして、坐骨神経痛の予防において運動も重要なポイントの一つです。

 

実は普段からスポーツを楽しんでいる方や、身体を使った重労働をしている方に坐骨神経通あまりみられません。

 

腰の筋力がしっかり鍛えられいるからかもしれませんね。

ただ毎日デスクワークと行った仕事の方は、当然運動不足になり易いですよね。

 

だからと言って何もしないままでは、突然の腰痛に襲われる可能性が高くなってきます。

 

簡単な運動でも充分に効果はありますので、散歩やスイミング・ストレッチなどからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

運動する事は、体重管理にもつながります。

体重の増加が腰に悪影響なのはよく知られていますよね。

 

女性にとっては、ダイエットも兼ねて一石二鳥です。
でも、歩く時はヒールはやめましょう。

腰痛の原因にもなります。

 

冷えすぎも痛みの元になるのでご注意を!

 

何をするにしても腰は大切です。
家庭でできる予防法を実践して元気に過ごしましょう!