坐骨神経痛の治療ならコレ!

坐骨神経痛の薬で症状を緩和!

坐骨神経痛に処方される薬とはどのようなものでしょうか?

 

西洋医学の整形外科を受診した場合、患者さんそれぞれの原因によって、坐骨神経痛のお薬が処方されます。

 

処方されるのは消炎鎮痛剤、筋弛緩薬、循環障害改善薬、ビタミンB12などです。

痛みや痺れといった症状を軽減し、神経の血流を改善するためのお薬が中心となってきます。

 

しかしながら、投薬治療は坐骨神経痛が血行不良からくるものの場合は、薬による症状の改善が望めますが、それ以外の場合は投薬は症状を治めるための対処療法でしかなく、他の治療法と組み合わせて使うことが多いです。

 

ただ直ぐに治る症状ではないので、薬の投薬期間が長くなってしまう傾向にあるのも、坐骨神経痛の特徴です。

 

その為、胃や腸への負担を充分考慮した上での使用が大切です。

 

薬といえば東洋医学の漢方もありますよね。

アトピーの治療などにも効果を発揮する漢方ですが、同じ症状でも薬の内容は違ったりします。

 

これは漢方その人の体質や症状、また痛む時間帯などを考慮した上で、その人にあったものを処方するためです。

 

場合によっては、漢方が坐骨神経痛に効果的なこともありますので、使用するにあたっては漢方相談のできる専門的な薬局で、よく症状などを相談され、納得した上で使用してくださいね。

 

しかしながら、漢方で絶対に治るというものではないことも頭に入れておかなくてはなりません。

 

すぐに効果が出るものではないのである程度の期間は必要ですが、漢方にかかる費用も考えれば、効果を得られない時は考え直すことも必要です。