坐骨神経痛の治療ならコレ!

坐骨神経痛は妊娠が原因の場合もあります

妊娠がきっかけとなって坐骨神経痛になってしまうことがあります。

 

これは妊娠に伴ってお腹が大きくなることで、妊娠前とは体の重心御おき方も変わってくるからです。

 

大きくなったお腹でバランスをとろうとすれば、どうしても猫背になったり腰をそらしたりといった姿勢になってしまいますよね。

この姿勢が腰に大きな負担をかけることになります。

 

赤ちゃんが大きくなってくれば背骨や腰を圧迫するため、血流が通常より悪くなります。

 

また妊娠時に分泌されるホルモンの作用によって、関節やじん帯が緩んでいることも坐骨神経痛を起こす原因となっています。

 

妊娠時に坐骨神経痛になってしまうと大変なのは、薬が飲めない事ですよね。

 

胎児の健康にも考慮しないといけないので、きつい薬は飲めません。

痛みがきつい時はなるべく楽な姿勢で安静にしていましょう。

 

またお医者様に言えば、赤ちゃんに影響のないビタミンBや湿布薬といったものを処方してくれます。

 

それでも痛いとおっしゃる方にはマッサージといった方法もありますが、この方法を試すのであればまず、産婦人科の先生にきちんと相談しましょう。

 

その上で、信頼できる施設と先生を選んで妊娠中であることを伝えたうえで、治療するようにしましょう。

ただし体への影響を考えて妊婦の治療を受け入れていない鍼灸院も多いので確認が必要です。

 

妊娠中は坐骨神経痛に限らず少しの痛みや病気などが気になるものです。

 

しかし、妊娠に伴う坐骨神経痛は、出産後に症状が消えてしまう事も多いので、あまり気にせず、つらい時は楽にしてのんびり構えましょう。

 

お腹の赤ちゃんもきっとお母さんがニコニコしているほうが嬉しいはずです。