坐骨神経痛の治療ならコレ!

坐骨神経痛のリハビリはどうやるの?

坐骨神経痛の治療においてリハビリが採用される事も多いものです。

 

では一体、坐骨神経痛のリハビリの方法はどういったものなのでしょうか?

 

まず覚えておきたいのが、腰の痛みはもちろんの事、足のしびれ突っ張り感歩行困難を訴えるなど、様々な症状がみられる坐骨神経痛には、色々な患者さんがいらっしゃいます。

 

これらの症状を起こしてしまう原因が、医学的な治療で取り除く事ができる場合は改善も望めますが、坐骨神経痛を起こす原因は、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症といった老化現象であることも少なくないため、痛みがなかなかとれず完治は難しいといえます。

 

完治が難しい坐骨神経痛の治療は主に苦痛を和らげるための対処療法と、リハビリで改善に向けることを併用する事が多いようです。

 

リハビリは筋肉をほぐし、筋力をつけることを目的におこなうもののほかに、電気療法や牽引といったものもあります。

 

坐骨神経痛の痛みは、身体を伸ばすときや歩行時に感じることが多いのですが、リハビリの目的とは、リハビリする事で体を伸ばしたり歩いたりする時の刺激に慣れさせる事であり、痛みを感じる頻度を軽減させる事にあります。

 

坐骨神経痛のリハビリの効果を最大限発揮するためにも、日常生活に注意するのはもちろん、家に帰ってからのリハビリも大切だといえます。

 

リハビリで症状の改善が見られれば、軽い散歩などの運動を進められますよね。

 

決して劇的な効果をもたらすものではありませんが、焦らず、無理なくリハビリを続ける事で、よい方向に向いていくのは間違いないので、ゆっくり構えて頑張りましょう。