坐骨神経痛の治療ならコレ!

坐骨神経痛の症状はたくさんあります

持病に坐骨神経痛を上げる方も多いですよね。

 

坐骨神経痛の症状って、どういうものでしょうか?

 

実は坐骨神経痛というのは病名ではありません。

さまざまな疾患からくる、腰やお尻または太ももの裏などの痛みや痺れといった症状を指します。

 

坐骨神経が伸びている坐骨神経痛に悩む方の中で最も多いのが腰痛です。

その割合は、坐骨神経痛を訴える人の半数以上だと言われているほどです。

 

痛みの程度は症状や個人によって違ってきますが、坐骨神経は人の体の中で最も長い神経であるので、痛みの出る範囲は腰やお尻、太ももの裏側、そしてふくらはぎや足の甲に至るまでと広範囲にわたります。

 

坐骨神経痛の方の中には、激痛を訴える方も多く、腰や足の痛みや痺れが原因で立つ事や歩行する事も難しくなる事もあります。

 

上記のような症状の他には、坐骨神経は皮膚感覚にも影響しているため、足が熱を持ったように感じることや逆に冷えて冷たく感じられる事もあります。

 

足が引きつれる感じや締め付けられる感じを訴える方もいらっしゃいます。

 

中には足や腰がいつもよりだるい・重いといった事が原因で歩行を困難に思う方もいらっしゃいます。

 

色々な症状があり、それを感じていても腰痛だからと我慢している方が多いのではないでしょうか?

 

坐骨神経痛は症状は突発的に発症し、症状が出れば、痛みは続きます。

たかが腰痛と思って放置しておくと状態は必ず悪くなります。

 

ひどくなれば痛みの範囲が広くなる事はもちろん、排尿障害がでてくる危険性もあります。

 

坐骨神経痛かな?と思ったら我慢せず早めに整形外科を受診しましょう。