坐骨神経痛の治療ならコレ!

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛をご存知ですか?

 

よく耳にするので名前は知っている方が多いかも知れませんね。

この坐骨神経痛、一体どういった病気なのでしょうか?

 

気になるので調べてみました。
まず坐骨神経とは何なのでしょう?

 

坐骨神経は腰や骨盤の部分より足の先にかけてはしっている神経で、この太く体の中で一番長い神経は、太ももの裏から膝に伸びそこから二股に別れつま先にまで伸びています。

つまり坐骨神経痛とはこの神経が通っている部分に痛みが出る症状です。

 

あまり知られていないかも知れませんが、坐骨神経の原因は人によって様々です。

それは坐骨神経痛が病名ではなく、何らかの原因で坐骨神経を圧迫して起こる症状全体を指すからです。

 

坐骨神経は下半身の運動や皮膚感覚にも関係の深い神経ですので、症状を訴える方の中にはでん部太ももの裏ふくらはぎ足の指といった神経が伸びる部分の痛みに悩む方が多いようです。

 

両足に同時に出ることは少なく左右のどちらかにでます。

重度の坐骨神経痛になると腰や足に激痛が走り、歩く事もできない状態になることもあります。

 

神経自体が長いので、痛みがでる範囲もおのずと大きくなってしまうのです。

 

生活する上で腰は大切な働きをしています。
痛みを抱えて生活をしていらっしゃる方は本当に大変でしょう。

 

坐骨神経痛が持病の方も多いと思われますが、病院に行ってもすぐに楽になるものではないので、治療に嫌気がさすかも知れません。

でも、坐骨神経の治療において最も大切なのは、治療の継続と根気よくリハビリする事。

ストレスをためない程度に、うまく付き合っていく術を見つけていきましょう。