坐骨神経痛の治療ならコレ!

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

坐骨神経痛を起こす疾患に、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)があります。

 

先天的に脊柱管が狭い方もいらっしゃいますが、多くの場合は高齢者によく見られる症状で、腰椎の老化現象ともいえます。

 

腰椎の中に神経が通っている脊柱管があります。

その脊柱管が狭くなり、神経を圧迫する事により坐骨神経痛の症状があらわれます。

 

具体的な症状としては、歩行時の痛みです。

 

しばらく歩くと痛み出し、ちょっと休むと楽になりまたしばらく歩けるようです。

 

座ったり寝たりといった時に痛みを感じることはまずありません。

 

痛みが連続的に続く分けではないので、病院に行くほどではないと思い込んでしまう方が多いですが、もし腰部脊柱管狭窄症を疑う症状があるなら、病院に行って原因を調べてもらいましょう。

 

軽い症状のうちなら治療も軽く済みますが、足がしびれて麻痺し、歩行もままならない状態になれば手術しか方法がなくなってしまいます。

 

腰部脊柱管狭窄症は加齢が原因である事が多いため、痛みを我慢していて快方に向かう事はないです。

 

加齢が関わっているからこそ早期発見・早期治療が大切です。

 

高齢者の方には医者嫌いの方も多いことでしょうが、早く病院に行く事で、マッサージ電気療法といった治療法もあります。

鍼灸が効く場合もあります。

 

いつまでも健康ということは誰もが思うのではないでしょうか?

 

その為にも坐骨神経痛かな?と思ったら、病院に行きましょう。